上目次1
(一社)中之条町観光協会
エリア紹介
リンク集

 サイト内を検索 WWWを検索 
ホームへ 中之条・名久田エリアページへ 四万エリアページへ 沢渡エリアページへ 伊参エリアページへ 六合エリアページへ 交通案内ページへ
横目次1
中之条エリア 町田家住宅(国登録有形文化財)
町田家住宅
 中之条町下之町から竪町(たつまち:通称「かねんて」)へと曲る東側、破風造りの玄関のある家が町田家(通称「カクイチ」)です。
  江戸時代末期から明治維新の混乱期を経て、政治の安定をみるまで、地域の中心的役割を果たしてきた建物は、先達のさまざまな思いとともに、次代に引き継いでいかなければならない大切なものです。
幕末から明治初期にかけて役宅兼住宅の役割を担った歴史的な屋敷構え
 町田家は中之条町屈指の旧家で、代々重兵衛を襲名して名主を務め、文化年間(1804〜1817年)には大総代として村役人の代表を務めました。
 慶応3年(1867年)町田重平は、中之条町を支配していた殿様(旗本)の計らいで、鳥追太鼓(県指定重要有形民俗文化財)をつくり、町の発展に尽力しました。また、明治6年(1873年)に群馬県第20大区長につくと、破風造りの入口から3部屋を役所とし、間もなく検事出張所(警察と裁判所のような役所)も併設しました。屋敷内にある「たたき石」は、その名残といわれています。
 明治11年から20年までは、吾妻郡役所として使われました。
文化財情報
種類国登録有形文化財
指定年月日平成13年8月28日
指定物件名町田家住宅
所在地中之条町大字中之条町982googleマップへ
母屋1棟:木造2階建、瓦風鉄板葺、26.6平方メートル
内蔵1棟:木造2階、建トタン葺、30平方メートル
外蔵1棟:土蔵造2階建、瓦葺、60平方メートル
門:木造、間口2.4メートル
塀:木造、延長83メートル
破風造りの玄関 母屋

ページの先頭へ 前のページに戻る トップページへ
(一社)中之条町観光協会 〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町938(中之条町ふるさと交流センターつむじ内)
電話:0279-75-8814 FAX:0279-26-3777 メールアドレス info@nakanojo-kanko.jp
All Rights Reserved, Copyright(C)(一社)中之条町観光協会.