上目次1
(一社)中之条町観光協会
エリア紹介
リンク集

 サイト内を検索 WWWを検索 
ホームへ 中之条・名久田エリアページへ 四万エリアページへ 沢渡エリアページへ 伊参エリアページへ 六合エリアページへ 交通案内ページへ
横目次1
四万エリア 積善館
 四万温泉の積善館の前新、山荘及び廊下橋の建造物は国の登録文化財に、本館は県の重要文化財に指定されています。
 昭和5年(1930年)に建てられた前新は3階建てで、1階の浴場(元禄の湯)は鉄筋コンクリート造りで、大正ロマネスク様式を残すアーチ形の窓を備えています。山荘は木造2階建てで、和風建築の粋を集めた桃山風の建築です。廊下橋は新湯川を挟んで「前新」と「向新」とを結ぶ屋根付き廊下風の橋で、木造の簡素な造りですが、トラス状に組んだ支柱に切り妻の屋根を置き、腰板を貼ってあります。
積善館
前新 元禄の湯 廊下橋
湯宿の歴史
 積善館は、天和元年(1681年)の『上野国沼田領品々覚書』に記された「四万村名主善兵衛」が祖先で、元禄4年(1691年)から湯小屋を建て、湯宿として営業を始めた旨の口上書を、関善兵衛(5代目か)が代官竹村惣左衛門あてに差出したことが同家の古文書には記されています。その後、本館が建てられました。本館は江戸時代の湯小屋建築様式を現在までよくとどめています。
 大正から昭和にかけて、湯治客の増加に伴い建物が増え、山荘は昭和11年(1936年)に建てられました。床の間や書院など当時の最高技術を生かした客間もあり、宮様や首相など多くの貴賓を迎えています。
文化財情報
種類国登録有形文化財
指定年月日平成9年6月12日
指定物件名積善館前新、積善館山荘
種類国登録有形文化財
指定年月日平成9年7月15日
指定物件名積善館廊下橋
種類県指定重要文化財
指定年月日平成8年3月29日
指定物件名積善館本館
所在地いずれも群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236-1 googleマップへ

ページの先頭へ 前のページに戻る トップページへ
(一社)中之条町観光協会 〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町938(中之条町ふるさと交流センターつむじ内)
電話:0279-75-8814 FAX:0279-26-3777 メールアドレス info@nakanojo-kanko.jp
All Rights Reserved, Copyright(C)(一社)中之条町観光協会.