上目次1
(一社)中之条町観光協会
エリア紹介
リンク集

 サイト内を検索 WWWを検索 
ホームへ 中之条・名久田エリアページへ 四万エリアページへ 沢渡エリアページへ 伊参エリアページへ 六合エリアページへ 交通案内ページへ
横目次1
沢渡・六合エリア 牧水まつり
牧水まつり
 大正11年(1922年)10月20日、若山牧水は草津から沢渡へ暮坂峠を越え、「枯野の旅」を残しました。牧水まつりは牧水詩碑保存会が中心となり、この日にちなんで毎年10月20日に、牧水詩碑の前で行われます。
 この時期の暮坂峠は、から松や落葉樹の紅葉が素晴らしく、観光客には「なめこ汁」がサービスされ、野趣豊かな中、在りし日の牧水を偲びます。


  枯野の旅
  若山牧水

 乾きたる
 落葉のなかに栗の實(み)
 濕りたる
 朽葉(くちば)がしたに橡(とち)の實を 
 とりどりに
 拾ふともなく拾ひもちて
 今日の山路を越えて來ぬ

 長かりしけふの山路
 樂しかりしけふの山路
 殘りたる紅葉は照りて
 餌(え)に餓うる鷹もぞ啼きし

 上野(かみつけ)の草津の湯より
 澤渡(さわたり)の湯に越ゆる路
 名も寂し暮坂峠

牧水詩碑
 昭和32年(1957年)、町田浩蔵氏が中心となり、若山牧水を敬愛する人々が「枯野の旅」を刻んだ詩碑を建てました。西常雄氏(新制作派協会)制作のマントを羽織った旅姿の牧水像はコンクリート製でしたが、30年後の昭和62年(1987年)にはブロンズ像として制作されました。
 現在の牧水像は、平成29年(2017年)に齋木三男氏(中之条町の石彫作家)により制作された石像です。尚、昭和32年に作られた像は、中之条町歴史と民俗の博物館ミュゼに展示されています。
 牧水詩碑は暮坂峠のシンボルとして愛されています。
牧水詩碑 牧水像

ページの先頭へ 前のページに戻る トップページへ
(一社)中之条町観光協会 〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町938(中之条町ふるさと交流センターつむじ内)
電話:0279-75-8814 FAX:0279-26-3777 メールアドレス info@nakanojo-kanko.jp
All Rights Reserved, Copyright(C)(一社)中之条町観光協会.