メインビュー1

スポット

稲裹神社の境内木

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町大字四万3190

    貫湯平(ぬくゆだいら)の稲裹神社には、鎌倉時代の作といわれる「懸仏(かけぼとけ)」があり、町の重要文化財となっています。 この神社の境内木の森は立派で、目通り2.0メートル~3.0メートルの木が18本(スギ10、モミ7、マツ1)、3.0メートル~4.0メートルの木は13本(モミ6、スギ7)、4.0メートル~5.0メートルのモミが2本あります。樹高はほとんどが40メートル以上あり、巨木としても貴重です。

    コメントを投稿する