メインビュー1

スポット

沢渡温泉と花の見どころ〜桜山公園sakurayama koen

桜山公園、〒370-1405 群馬県藤岡市三波川2166−1

    冬桜

    真冬にお花見、藤岡市の桜山公園をご紹介

    時期

    冬桜の木は、春と冬の2度咲きます。冬の見頃は、11月中旬から12月中旬。取材班は、12月10日に訪れました。春の桜は、長くても1週間程度が見頃ですが、冬桜は気温が低いため、長持ちします。1ヶ月ほど期間があるので、見頃を逃すことは少ないでしょう。

    場所

    沢渡温泉からは、2時間弱。藤岡市のかなり埼玉寄りにあるので、沢渡温泉からは少し遠いですが、東京方面からのお客様は良い寄り道場所です。最寄りのインターチェンジは藤岡です。県道13号線で長瀞方面。ふじ娘館という農産物直売所の次の信号を県道41号線、ふるさと通りへ左折。国道462号線に出たら右折。美杉町の信号を右折。しばらく道なりに進み、桜山公園の案内を右折して山道を登っていった突き当りです。入り口で駐車料金普通車500円を払って、混雑していなければ、公園入口近くの場所まで車を進めます。帰りは、長野方面なら、吉井、東京方面なら本庄児玉インターチェンジが最寄りです。

    見どころ

    桜山公園は、標高の高い場所にあり、12月初旬に車から降りるとかなり寒さを感じます。駐車場のすぐ横に桜の並木があり、そこにもたくさんの桜が咲いているのですが、春の花というイメージからか、少しばかり時期外れのような違和感が最初はありました。しかし、よく見てみると、澄んだ空気と透明感のある薄桃色が非常に調和がとれており、春のゴテゴテとした感じとはうって変わって清々しい美しさがありました。

    冬桜は、春の桜とは別の品種だそうです。つぼみの1/3が冬に咲き、残りは春に開花します。従って、枝すべてが満開という咲き方ではありません。どちらかというと梅に近いような咲き方をします。ただ、先に書いた通り、春のようにすぐ散ってしまうことがないので次々に咲いた花が枝にずっと残り、それなりの数の花を付けています。とてものんびりとした開花ですので、見に来ている方も、のんびりとした雰囲気で鑑賞されていました。

    公園は、駐車場の端から道を渡って階段を登っていきます。山の上まで登っていくのかと思いきや、すぐ平らな場所が開けて、池のある庭園がこしらえてあります。バシャバシャと回転している水車や鯉や金魚が泳いで良い景色なのですが、池の周囲に桜が無かったのが少し残念でした。

    冬桜は、この庭園からさらに左手を登っていった先にあります。少し歩くと山の頂上になって、そこが展望台です。展望台から峰を伝ってさらに先の山の頂上へも行くことができます。この峰付近は、たいへん眺望の良い場所です。冬桜は、この周囲と左右の斜面にかけてたくさん植えられており、遠くに見える山並みと桜という貴重な景色を垣間見ることができます。

    南側の下を流れているのは三波川です。群馬県の名産品でもある三波石の産地です。桜山公園に来る途中にいくつも石材店があったのですが、扱っているのは主にこの三波石。青みがかかったきれいな石で庭石や履物をぬぐ踏石によく見ます。旅館の玄関に使われていることもあります。

    桜山公園の桜は、7000本もあるそうです。昭和48年には、山火事で1000本も失ってしまったようですが、それを感じさせないボリュームがあり、復興に尽力されたのが伺えます。一部伐採して植樹したばかりのような場所もあり、さらにたくさんの桜が咲いていくでしょうから楽しみです。

    コメントを投稿する