音声案内

標高900mの水晶山は、名前の通り岩肌に水晶を含んでおり、キラキラと輝いています。
昔は子供の遊び場で、水晶を見つけに探検に行っていたようです。
山頂にある展望台からは、四万温泉の新湯地区を眺めることができます。
往復で2時間ほどの登山が楽しめますが、入山の際は熊鈴をお忘れなく。道中急な坂もありますのでそちらにもご注意ください。
入山下山にはこちらの中井地区登山ルートをご利用ください。ゆずりは方面からの登山ルートは、現在未整備のためご利用いただけません。

※ヤマビル注意※

水晶山には吸血性のヤマビルが生息しております。
落ち葉の下など湿気の多いところを好み、4月から11月まで活動します。
息や体温によってこちらを感知し、地面から靴を登って皮膚に取り付きます。草や木の枝の先に登り、体に取り付くこともあります。
皮膚に取り付くと吸血し血液が固まりにくくなる物質を出し血が止まりにくくなります。
遊歩道を歩く際はご注意ください。

対処方法につきましては下記のリーフレットをご覧ください

ヤマビル対策リーフレット1(表裏面)

ヤマビル対策リーフレット2(中面)

メインビュー1
メインビュー1
メインビュー1

コメントを投稿する

愛郷ぐんまプロジェクト 四万・沢渡・六合 旅なかのじょうキャンペーン